トップページ
楽天でご購入はこちら
フリーダイヤル
0120−096−877
    贈ろう バンダナ




Vol.216  桜の花見
Vol.215  もぅ年末
Vol.214  明日から6月
Vol.213  明日から3月
Vol.212  お雛まつり
Vol.211  誕生日
Vol.210  9.11
Vol.209  日野原先生に学ぶ
Vol.208  小林麻央さん
Vol.207  桜花見も近し
<前へ   次へ>

Vol.192  両親への届けもの
実の娘のように
私を可愛がってくれた、「主人のほうの両親」は
今は亡き人となってしまいましたが
生前、20年ほどの間 同居してたので
「毎日が敬老の日だね」とよく言って頂き
料理好きの私が作った手料理で毎晩
賑やかに食卓を囲んで過ごしたものです。

一方、
実家の両親は今も健在。
とは言っても父は大正生まれで ずいぶんお年ですし、
しっかりものだった母も脳梗塞を患ってからは
会話も頼りなげで、娘の私は心配が尽きません。

ふだん私は、職場を離れられないので
仕事の合間に マメに電話するようにしています。
また月に1、2度 週末には顔を見せに行くようにしています。

私のできる親孝行といったら、
「親に心配をかけへんことだけね」と いつも
あっけらかん、と言い放っている私ですが

先日、商店街の裏路で
お花の卸屋さんが積み荷している場面に遭遇。
黄色いツヤツヤしたキツネの顏をした実が
たわわになっている木が ひときわ目立っていてました。
その名も“フォックス フェイス”

これは、ちょっと面白いぞ♪っと、
私の中の いたずら心が湧き、それを両親宛てに
「敬老の日」に送ってあげることにしました。

案の定、大ウケしました。

よく肥えたキツネの顏が
こっちを見てたり向こう向いてたり
みんな可愛くて、ご愛嬌あって おかしいの何のって。
ヘルパーさんに手伝ってもらって
一緒に写真を撮ったり、スケッチしたり…。
私が、ウィキベディアで調べた花の予備知識を
読んで聞かせてあげたりも しました。
あったかな時間がもてた「敬老の日」となりました。

高価なプレゼントだと 好みも難しいうえに
あげる側も もらう側も ちょっと億劫で敷居が高い気が。
でも、お財布に優しくて話も弾むようなものと巡り合ったら
それは 逃さず大事なかたへのプレゼントにしたいものです。

「バンダナ帽」も
“しっぽ”で大きさ自在、という特徴から
プレゼントされた際に会話が弾みます、と
お客様から よく言って頂きます。
百貨店でも「バンダナ帽」は贈答品として好評です。
  ※楽天なら「1個から送料無料」♪

これから秋の行楽シーズンに向けて
「バンダナ帽」をプレゼント用に
また、ご自身用にも 是非お求め下さいませ。
 ※今の季節【定番】茶とモスピンクがとても人気です♪
               −ご参考まで−

2014/09/16          アクティア 松村akko


Copyright (C) :Actia. All rights reserved