| サイトマップ  | 会社概要  | プライバシーポリシー  | 特定商法取引法に基づく表記 |
楽天でご購入はこちら
フリーダイヤル
0120−096−877
    贈ろう バンダナ


トップページ
Actiaとは
商品の概要
よくあるご質問
お客様の声
会社概要
お問合せ
テレビ出演
スティービー賞 受賞
akkoコラム



Vol.208  小林麻央さん
Vol.207  桜花見も近し
Vol.206  お雛さん
Vol.205  年の瀬
Vol.204  骨折が やってきた
Vol.203  春が来た
Vol.202  節分 近し
Vol.201  お父さん、ありがとう
Vol.200  家族でナイトクルーズ
Vol.199   「中秋の名月」
<前へ   次へ>

Vol.198  「中秋の名月」
「中秋の名月」を
皆さんは 楽しまれてますか?

一昨晩、
大阪市内の「住吉大社」で
観月祭″があり、家族3人で出かけました。

私は 子供の頃、
親の仕事の関係で 住吉さんへは よく行きました。
境内にある「太鼓橋」(=反り橋・そりはし)で
よく遊んだものです。

今夜の観月祭″は、
まさに その「反り橋」の上で 執り行われました。

独自の装束を しっかり纏った、
子供たちによる「住吉踊り」のあと、
おごそかな舞楽が続きます。

笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)などの
「和の音色」が おり重なるように奏でられ、
境内全体を覆うように 夜空に響き亘りました。

橋にかかる松の木々の間から、
垣間見えてた お月さんが
やがて上へ 上へとあがって行きました。

お月さんが登る その間じゅう、
「反り橋」と「名月」の
みごとな景色は 実に幻想的で 情緒的でした。

私は、その特等席で 一部始終を楽しみながら
色んなことに思いを馳せました。

・世を去り、お星様になった義父母のこと
・遠くで ひとり暮らす娘のこと
・いま入院中の父のこと
・そして、いま私のスグそばにいる母のこと

思い巡らすうちに胸が熱く込み上げてきました。
その気持ち こらえながら、
私は、いったい何をしたでしょう?

おもむろに カバンの中から
持参した「月見団子」を出しました。
なんとまぁ、はしたないことでは ございますが
これまた実に味わい深いことでした。

世界中、どこからでも見ることのできる
「お月さん」は、たった1つ、です。

今いちど だいじに鑑賞されては 如何でしょうか?
2015/09/29 アクティア akko


Copyright (C) :Actia. All rights reserved