トップページ
楽天でご購入はこちら
フリーダイヤル
0120−096−877
    贈ろう バンダナ




Vol.206  お雛さん
Vol.205  年の瀬
Vol.204  骨折が やってきた
Vol.203  春が来た
Vol.202  節分 近し
Vol.201  お父さん、ありがとう
Vol.200  家族でナイトクルーズ
Vol.199  「中秋の名月」
Vol.198  脳梗塞の母と暮らす
Vol.197  同窓会を終えて
<前へ   次へ>

Vol.216  お雛まつり
バレンタインデーが無事に(笑)済んで
次のホワイトデーまでには
だいじな「お雛まつり」がありますね。

私は、4人姉妹の3番目です。
古い奈良の家で育った私は
子供の頃、
毎年 今ごろになると、母の言うとおりに
お姉ちゃん達も一緒に
暗い じめじめした蔵へと、
お雛さんを出しに行って
お座敷で 子供みんなで賑やかに飾った、
そんな日のことを思い出します。

今は、大阪市内のマンションで
簡易な都会暮らしをしていますので
そんなことを とんとしなくなって久しいですが、
自宅そばのホテルのエントランスに
お雛さんが華々しく飾ってあるのを目にし
思わず、昔々の子供の頃のシーンが目に浮かび
しんみりとなった私です。

♪灯かりを点けましょ、
  ぼんぼりに…♪♪


■女性は、桃の季節は
「バンダナ帽」モスピンクがピッタリですよ。

■男性は、お公家さんのイメージで
「バンダナ帽」紺色が いいかも知れませんね。

今年は、わたし
チラシ寿司をがんばって手づくりしよう思います。

2018/2/21  アクティアakko//


Copyright (C) :Actia. All rights reserved