| サイトマップ  | 会社概要  | プライバシーポリシー  | 特定商法取引法に基づく表記 |
楽天でご購入はこちら
フリーダイヤル
0120−096−877
    贈ろう バンダナ


トップページ
Actiaとは
商品の概要
よくあるご質問
お客様の声
会社概要
お問合せ
テレビ出演
スティービー賞 受賞
akkoコラム



Vol.200  骨折が やってきた
Vol.199  春が来た
Vol.198  節分 近し
Vol.197  お父さん、ありがとう
Vol.196  家族でナイトクルーズ
Vol.195  「中秋の名月」
Vol.194  脳梗塞の母と暮らす
Vol.193  同窓会を終えて
Vol.192  初夏の候
Vol.191  新春号お知らせ
<前へ   次へ>

Vol.210  明日から6月
akko「バンダナ帽」制作者の松村敦子です。

明日からは、もぅ6月ですね♪
私は、初夏は結構 好きです。

朝、仕事に向かうのに街路樹に沿って闊歩してると
何とも言えない心地よき風(ブリーズ)が
頬っぺたに当たります。
その風に 微力な抵抗をするかのごとく、
頬っぺ(ほほ肉)が、自然と上向きに突き上がります。
セルフ アンチエイジング(表情筋の若返り)ができて
嬉しくもあります。

さて 先日、高齢の母(81歳)が、
お墓参りに行った際の出来事です。
「お墓で偶然 嬉しい おかたと会ったのよ」と
笑顔ほころばせて話してくれました。
「それが、どなたか分かる?」と母が私に、
クイズ形式で質問するのですけれど。

まさか、昔のボーイフレンドとか…。
それは ありえませんね(笑)。
亡くなった父が、亡霊のように現れたとか?
そんな筈ないし…とグズグズ返答に困ってたら、

「藤善先生なのよ」と教えてくれました。
ありゃぁ〜、びっくり!

藤善先生は、母と同世代です。
奈良で初の「女性教育委員長」をなさったかたで
地元の皆から慕われている有名な先生です。

学生時代、私や姉のクラス担任をして下さり、
現代国語を(古典、漢文も)習いました。
先生は、滑舌よく、字もきれい。美人でオシャレ。
そして、怒ると怖い、といった 当時の記憶です。
藤善先生と我が家は、濃い間柄で
家での会話に よく、先生のことが話題にのぼりました。
先生が定年退職なさったあとも、
古典を学びたい人たちが先生のもとに集まり、
母や私も源氏物語の勉強に集ったり
学習旅行に石山寺へ連れって頂いたこともありました。
ですから、母にとっても生涯の師”のようです。

そんな憧れの藤善先生に お墓で偶然 会って
思わずハグした(抱きついた)そうです。
「お若くなられた感じします」と先生に言われたよ、と
81歳の母が喜んで話してくれました。

きっと、亡くなった父が
母と藤善先生を ひき会わせてくれたのでしょう。と
藤善先生が仰ったそうです。

初夏の風に誘われて亡き父に思いを馳せる
いい機会となりました。

            2018/05/31  akko//

no next

Copyright (C) :Actia. All rights reserved